MENU

メガネをかけさせたくない親は多いです。

悩む親

子供が目の調子が悪くなり眼科を受診します。
診断の結果、近視と診断されメガネを処方されました。


ただ、メガネを処方されるのはよいのですが、多くの親御さんが心配しているのは、子供がメガネをかけると、どんどん視力が悪くなっていくのではないか?です。


子供のうちに、近視になった場合、近視は大人になるまで進行します。
近視の原因は、目の奥行きが長くなることで近視が進んだからです。


子供の目玉は、成長過程にあるので、成長とともに目の奥行きが伸びるのは仕方のないことです。
なので、なるべく目を疲れさせないように注意するが理想だと思います。
例としては、近くを集中してみるときはメガネを外したほうがいいです。


近視のメガネは遠くが見えるように調節されています。ですが、近くを見るときは疲労を伴うので。そのためにメガネをかけると近視が進みやすいとはいえると思います。


なので、子供の近視の進行をなるべく緩やかにするには、目を疲れさせないということがポイントになります。
それが、子供のメガネとうまく付き合う方法だと言えます。


当サイト記事

子供の近視について

黒板イラスト

お子さんが黒板が見づらい状態で授業を受け、授業に興味を持てなくなったり、勉強についていけなくなることのほうが、よほどデメリットが大きいでしょう。
小学生であれば、視力が0.3を下回ると授業に支障をきたすといわれています。
メガネをかけるか否かは視力0.3を目安にしてください

続きを読む

子供の視力を低下させないために

人参イラスト

子供の目を疲れさせないために、日頃から次のようなことをアドバイスしてあげましょう


  • 椅子に座って作業するときには、背筋をまっすぐに伸ばして、姿勢を良くする。
  • 明るすぎず、暗すぎない明かりの元で作業する。

続きを読む

子供の目の病気トラブル

女性イラスト

目にはさまざまな病気がありますが、中でも日常生活で良く見られるものの、次のような病気やトラブルがあります。子供が目の異常を訴えたり、目に異物が入ったりするなど、目の異変に気づいたときには、すぐに眼科へ連れて行ってあげてください。

続きを読む

子供の遠視や乱視について

子供イラスト

さらに深刻なのは、遠視や乱視が強い子供です。
視力の発達は5〜6歳までに、遅くとも10歳までにピントのあった像を網膜に投影する必要があります。
その時期を逃すと、その後、どんなに治療を施しても視力の回復は望めません。

続きを読む

赤ちゃんや子供の目はどういう風に成長するのか

孫イラスト

生まれたばかりの赤ちゃんの目の構造は、成人に比べてやや小さいですが、ほぼ完成しています。
ところが視力はわずかしかありません。
生後は、明るい、暗いがわかる程度です。

続きを読む