MENU

子供の遠視、乱視は近視よりも深刻なケース

子供イラスト
さらに深刻なのは、遠視や乱視が強い子供です。
視力の発達は5〜6歳までに、遅くとも10歳までにピントのあった像を網膜に投影する必要があります。
その時期を逃すと、その後、どんなに治療を施しても視力の回復は望めません。
その状態を弱視と呼びますが、視力の発達は目だけの問題ではなく、最終的には視力をつかさどる領域の脳の発達なのです。
その領域の脳の発達は5〜6歳まで、遅くとも10歳までに止まってしまうのです。


年をとってからどんなに一生懸命英語を勉強してもネイティブスピーカーのような発音で英語が話せないのと同じことです。
さて、話を元に戻しますと、強い遠視や乱視があると、近くは見える近視とは異なり、遠くも近くもぼけた像しか見えません。
5〜6歳以下の子供がこのような状態にあると、先ほど説明したように弱視になってしまい、一生視力を回復することができなくなってしまうのです。


強い遠視や乱視のメガネのレンズは特に分厚く、幼少期の可愛らしい時期の子供にそんなメガネをかけさせるのはかわいそうという親心は良く理解できますし、理由のわからない子供は、あだ名をつけて、いじめたりする可能せいも十分考えられます。
しかし、そこはジッとガマンして、この時期を逃したら一生視力は回復しないという事実をしっかり受け止めて、お子様に言い聞かせ、場合によっては担任の先生の強力を仰いで対処して欲しいものです。


弱視の治療は、メガネをかけるだけではなく、弱視訓練が必要になる場合もあります。
嫌がる子供にだましだまし行うこの訓練は、非常に骨の折れるものです。
成功の可否はご両親の根気に大きく左右されますので、せいぜい5年間の勝負と腹をくくり、くじけずに頑張って欲しいものです。