MENU

メガネはかけたほうがいいの?

黒板イラスト
裸眼視力が1.0未満の人の割合は、小学校低学年から徐々に増え始め、高校生になると半数以上に及びます。
その大部分は、近視によるものだと考えられます。


近視には、2種類あります。眼球の奥行きが長くなってしまい、焦点が網膜よりも手前になってしまった軸性近視と、角膜や水晶体のカーブがきつく、または、毛様体筋が緊張した状態で固定し、屈折が大きくなってしまったことにより、焦点が網膜よりも手前になってしまった屈折性近視です。


いずれも近視は基本的に回復せず、これといった対策もありません。
中学生までは特に近視の進行が早いというデータがあります。


目にストレスを与えないのが大事

目にストレスを与え続けると、近視を進行させてしまいます。
近視予防には、日頃から目に負担をかけすぎないことが大切です。
また、焦点が合っていないのにメガネをかけず、少しでも焦点を合わせようとして目を細めてものを見ていると、目に負担がかかってしまいます。
物が見づらくなってきたり、ふびんを感じたりするようであれば、適切な時期にめがねを作るようにしましょう。


その際には、眼科を受診し、必ず子供の屈折度数に合うものを処方してもらうことが必要です。
「メガネをかけたらどんどん近視の度が進んでしまうので、なるべくメガネはかけさせたくない!」とおっしゃるお母さん、お父さんも結構いらっしゃいます。


家族イラスト

でも、少し考えてみてください。
お子様は今までメガネを一度もかけていないのに、もうここまで近視が進んでしまったのです。
度の強すぎるめがねをかけることは近視を進行させる可能性があるので論外ですが、メガネをかけることが近視を進めるのではなく、近視が進んでいる過程でめがねを作ったから、めがねが原因で近視が進行したと錯覚しているだけなのです。(めがねによる疲れ目が近視を進行させてしまう可能性はあります。)


それよりも、お子さんが黒板が見づらい状態で授業を受け、授業に興味を持てなくなったり、勉強についていけなくなることのほうが、よほどデメリットが大きいでしょう。
小学生であれば、視力が0.3を下回ると授業に支障をきたすといわれています。
メガネをかけるか否かは、視力0.3を目安にしてください。


近視のメガネについて

近視のメガネは、度が強いほど厚く、凹レンズなので、縁に行くほど厚く、歪みが発生します。
歪みは目に負担がかかるので、レンズが厚いほど目に最適な視界の領域が狭くなってしまいます。
そういった場合には、コンタクトレンズの使用を考えるとよいでしょう。
不同視、不正乱視も、コンタクトレンズを使用したほうが、快適な見え方になります。
もちろん、コンタクトレンズも、メガネと同様に、自分の屈折度数に合うものでなければいけません。
ハードレンズがいいのか、ソフトレンズがいいのか、眼科で検査をして、処方してもらいましょう。