MENU

赤ちゃんから子供の視力について

孫イラスト
生まれたばかりの赤ちゃんの目の構造は、成人に比べてやや小さいですが、ほぼ完成しています。
ところが視力はわずかしかありません。
生後は、明るい、暗いがわかる程度です。
生後1ヶ月で物の形、生後2ヶ月で色を認識し、生後4ヶ月で動くものを追うことができるようになります。
その後、視力は急速に発育し、5〜6さいころで1.0になります。
そして、小学校に入る頃に視力はほぼ完成します。


ただし、視力が発育する段階で、適切な視覚情報を受けることができないと、網膜にはっきりと像が映らず、視力は発達しません。
ものを見て、網膜から脳に刺激が加わることで、網膜から脳へ信号を伝えて映像にする仕組み、すなわち、視力が育っていくからです。
また、視力が急速に発達する段階で何らかの理由で視力が発達しないと、後ろからどんなに適切な視覚情報を与えても、なかなか1.0の視力まで発達しません。その結果、弱視になってしまいます。


目や脳に障害のない弱視は、視力が完成するまでの5〜6歳までであれば、メガネや視能訓練などにより治療が可能な場合があります。
しかし、視力の成長が止まった大人の弱視は、ありとあらゆる方法によっても、治療は困難でしょう。


弱視を予防するために、特に日常生活で気をつけたいのが、片方の目の怪我や結膜炎で、片方の目だけに眼帯をすることです。
わずかな期間であっても、片方の目に眼帯をしただけで、眼帯を下側の目の視力の発達が止まってしまい、弱視になることがあるからです。
乳幼児の視力の発育時期に、片方の目に眼帯をすることは、絶対に避けましょう。