MENU

子供の目を守るために心がけたいこと

人参イラスト
子供の目を疲れさせないために、日頃から次のようなことをアドバイスしてあげましょう


  • 椅子に座って作業するときには、背筋をまっすぐに伸ばして、姿勢を良くする。
  • 明るすぎず、暗すぎない明かりの元で作業する。
  • 机などで作業するときには、手元だけでなく、周囲全体を明るくする。
  • ものを見るときには、適切な距離を保つ。
  • (読書は30cm以上、パソコンは50cm以上、テレビは1m以上、目を話すのが目安です。)

  • 長時間、近くを見続けることは避け、時々遠くを見るようにして、目を休ませる。
  • (目が疲れたときに10秒ほど遠くを見るのがおすすめです。)


目の栄養も大事

また、目栄養にかかせないのがビタミン群です。
バランスの取れた食事を心がけること。
特にビタミンAは目によいビタミンとして知られています。
目によい理想の食事としては、緑黄色野菜を毎日食べることが望ましいです。

やっぱり目の健康にはブルーベリー

果物イラスト

子供の目によい食品として知られているのがブルーベリーですね。
もちろん子供の目にも良いので、積極的に摂取することをおすすめします。
子供におすすめのブルーベリーサプリならこれ!
親子で一緒にブルーベリーサプリを飲んでいるケースもあります。
おすすめなのが、子供の成長にうれしい、DHAやEPAなど青魚の脂も含まれているサプリが北の国から届いたブルーベリーです。
親子でブルーベリーサプリを飲むのも目の健康には良いと思います。


おすすめのブルーベリーサプリ!